イオン急落と日立工機と瀬奈じゅんの株価について

日本には東証一部をはじめ、ジャスダックなどの株式市場があります。
例えば、イオン急落と日立工機と瀬奈じゅんの株価がどうして形成されていくのか、株価を構成する要素はなにか。
例えば、企業業績がよくても、1期だけでは株価はすぐにはあがりません。
通常は、企業業績と株価は連動します。これは、業績がよければやがて、この利益が株主への配当として還元されるようになるからです。
しかし、業績がよくても、それまでの間に金融機関から借入をするなど、資本状況が悪ければ、一期だけ業績がよくても株価はあがりません。資本状況がよくなければ、倒産の懸念も出てくるからです。
投資家は、企業の業績だけではなく、資本状況や将来にわたる業績予測なども重要な要素としてみています。
また、新技術を開発した場合には、将来の業績向上を見越して、期待値先行で株価は上昇していきます。
しかし、仕手株という株がありますが、これは企業業績も悪く、将来の業績見通しもよくないのに、株価だけが上昇します。これは、仕手株を狙う集団を仕手筋といいますが、仕手株に共通しているのは、発行株式数量が少ないことです。これは、資本金も多額ではなく、株価も低位株なため、少しの株式を買い集めるだけで品薄状態になり、値段も上がるのです。株式の値段も低いことから、大量の株式を集める過程で、値段を吊り上げて、一般投資家は値段が上がっていく過程で、売買に参加してくるので、一層品薄感の相乗効果もあり、値段は上がっていきます。
仕手筋は、値段が上がっていく過程で、保有する株式を日坂に売却するなど売り抜けていくのです。こうした、多額の譲渡益を手にしますが、一般投資家をこうした背景を知らずに、損失を被るケースが非常に多いのです。